HDMIを電源不要でワンホップ150m延長するアクティブ・オプティカル・ケーブル(AOC)

 

ユーザーからすれば、通常のHDMI銅線ケーブルと同様の取扱いが可能。

 

 従来、送受信器を用意し、両側または片側に電源を用意し、ケーブル(CAT、光ファイバー、同軸など)を別途調達し、場合によってはシールド処理して敷設していたのが、このAOCケーブル1本で賄うことができる。 

 

AOCケーブルの実体は、送受信ユニット一体型の光ファイバー/銅線のハイブリッド構造ケーブル

 

 

従来のHDMI延長

 

HDMI送受信器による、CATケーブル、光ファイバー、同軸ケーブルを用いたHDMI延長 

 AOCケーブルを使うと

 

AOCによるHDMI延長

 

HDMIを電源不要でワンホップ100m以上長距離延長するケーブル(送受信ユニット一体型) 

 

電源付きHDMI機器が新たなHDMIソースとなり更に長距離延長

 

HDMI AOCケーブルでは、途中のHDMI機器が新たなHDMIソースとなり更に長距離延長可能

  

▲このページのトップに戻る