delayMirrorの利用シーン(EnGageプラットフォームでのデジタルサイネージとの統合ソリューション)

 

お店で服を試着していて、背中からの姿を見たい時に苦労したことはありませんか。
からだをひねっても今ひとつうまく見れませんね。

delayMirrorはこうした問題を解決するとともに、買い物客に新たな楽しい体験を提供します。
スクリーンに据え付けられたカメラがあなたを捉え、あなたの3秒前の姿を映し出します。delayMirrorといっても鏡ではありません。カメラ付きディスプレイです。delayMirrorに映し出された姿は、あなたの今ではなく3秒前のあなたです。

 

試着室のミラーとして使用した場合を想像してみましょう。スクリーンの前でからだをひねったり回転したりすると、3秒経ってから360度の全アングルであなた自身のその姿を見ることができます。それはそれだけで楽しい体験になります。顧客は何の操作も必要ありません。
ブランドイメージ作りにも効果的です。適用分野は、リテール系のみならず、インテリア系スポーツ関連施設などが考えられます。

 

delayMirror.JPG

  左図をクリックして下さい。
     動画再生されます(1分44秒、映像音楽のみ)。

 

 

delayMirrorは、EnGageプラットフォームと統合されたインタラクティブソリューションです。ディスプレイ側にはEnGageメディアプレーヤーを使用し、普段はデジタルサイネージコンテンツを表示しておきます。delayMirrorはカメラ付き縦型46インチディスプレイで、スクリーンの前に立った人を3秒経ってから映します。HDのディレイド・ライブストリーミングで、保存されず、また当該ディスプレイだけに表示するのでプライバシーは秘匿されます。

 

ComQi社 Engage と Shazam(モバイルオーディオ認識サービス)との連携アプリ

 

ComQi社はShazam社(世界最大規模のモバイルオーディオ認識サービス事業者)とのパートナーシップの中で、デジタルサイネージディスプレイから流れる音楽を媒体として、顧客がモバイル上でクーポンをゲットしたり、特別オファーを受けたり、動画を再生したり、SNSで友達とつながったりといった体験とサービスを提供しています。

Shazam.jpg 

 __sozai__/0012164.png左図をクリックして下さい。
     動画再生されます(1分8秒、英語ナレーション)。

 

 

 

Path Intelligence社 の顧客動線解析予測によるデジタルサイネージの効果測定と最適設置運用

 

デジタルサイネージは実際どれくらいの効果があるのでしょうか。


Comqi社EnGageプラットフォームは、スポンサーの広告、サイネージコンテンツがいつどこで表示されたかの詳細レポートを提供することができます。POSと連動して広告表示が販売にいかなる効果を与えたのかを知り、在庫システムと連動して広告配信表示を自動化することも可能です(在庫の多い商品は販促対象とし、在庫の少ない商品は広告を控えるというように)。

 

さらに顧客動線解析システムと組み合わせれば、どの買い物客がどのスクリーンをどれくらいの時間見ていたかの詳細を知ることができます。このたびComQi社が提携したPath Intelligence社のサービスでは、買い物客や来場者がモール、商業施設、交通施設、スタジアム、娯楽施設の中で、どのように行動したかを解析し、どのように行動するかを予測することが可能です。

 

買い物客の動きをモバイルフォンから匿名でトラッキングしてそのデータをキャプチャします。何人の買い物客がどの場所に居て、どれくらいの時間滞在して、何回その場所を訪れ、どの店で購入に至ったか、購入後はどこに行ったかなどの動線情報を得ることが可能です。

 

Path Intelligence社のサービスは、J.C. Penney、Home Depot 始め、数多くのUKリテーラー、商業施設で採用されています。ComQi社とPath Intelligence社は提携して、リテーラーに対して、買い物客の詳細動線解析とデジタルサイネージの設置運用最適化を提案していきます。

 

PathIntelligence.jpg 

  左図をクリックして Path Intelligence のサイトへ(英文)

 

 

  

▲このページのトップに戻る