Engage Passport インタラクションマネージャー(SaaS型)の概要と利用イメージ

 

EnGage Passport のねらい

実店舗には毎日非常に多くの買い物客が来店しますが、その中にはSNS、Web、モバイルなどでオンライン店舗を利用している人も多数存在します。

問題は、オンライン利用の顧客がいつ実店舗に来ているかをどのように知り、その時どうやって重要な情報を提供するかということです。

EnGage Passportでは、顧客が実店舗にいる時、Webアクセスしている時、モバイルアプリを使っている時にかかわらず、マルチチャンネルからのメッセージ配信を通じて顧客とのコミュニケーションを継続することができます。

 

 EnGage Passport の利用イメージ

 

 EngagePassport.jpg

 

顧客は予め EnGage Passport モバイルアプリをダウンロードしておき、店内に入ったらデジタルサインボードから“チェックイン”を促されます。チェックインすると、顧客が誰で、今どこにいるかを知ることができ、その顧客向けのオファーをモバイルに送ったり、デジタルサインの表示を変えたりできます。顧客は、店のお得情報がわかり、またモバイルアプリからメッセージや写真をSNS上の友人に送ったりすることができます。

 

ComQi社インタラクションマネージャーは、商品カタログ、商品詳細、クーポンなど一連のサービスを提供するSaaSで、EnGage Passport モバイルアプリは、Android、iPhone(近日) で使用できます。
 

アプリは店内案内、 商品の階層カタログ、お財布クーポンなどの機能があります。お財布機能は、デジタルサインボードのQRコードや印刷メディアをスキャンして獲得したクーポンを保存できます。モバイル、Web、実店舗の総合購入管理システムと結びつき、購入時のポイント使用や更なる特典を得るといった流れになります。アプリを予めダウンロードしていないユーザーも、QRコードスキャンからURLアクセスしてクーポン獲得保持可能です。

 

Engage Passport の要点

 

Engage Passport インタラクションマネージャーは、モバイルとデジタルサインボードとの連携を可能にします。ロイヤル顧客はモバイルアプリから、一般顧客はQRコード、オーディオ認識、短縮URLから利用できます。リテーラーや商品メーカーにとって、顧客が店に来ている時にいかに囲い込み楽しませ、店を去った後もいかにコンタクトを継続していくかは重要テーマです。

 

モバイルとデジタルサイネージの連携によって、マーケティングの立場から様々な利用法が考えられます。

  • サイネージ表示商品の詳細情報提供
  • ディスカウントクーポン付与
  • 共同購入(フラッシュマーケティング)
  • SNSへのコメント、投票、写真投稿
  • スクリーン上でのクイズやソーシャルゲーム

 

特徴 概要
リアルタイム連携
  • ユーザーとデジタルサイネージ、ユーザーとユーザーの双方向リアルタイム連携
オープンスタンダード
  • HTML5、Flash等標準技術を採用
  • Webブラウザまたはモバイルアプリから利用可能
センター管理
  • どのようなモバイルアクションをいつどこで起こすのかを設定可能
統合フレ−ムワーク
  • 商品カタログ、顧客管理、クーポン、電子財布の各システムを統合するフレームワーク
  • 顧客がサイネージコンテンツとやりとりしている時と場所を知り、最適な情報を提供
  • どの顧客がいつどこでどんな興味を示したのかをトラッキング、レポート可能
▲このページのトップに戻る