MDS(Minicom Digital Signage)社 デジタルAV IP配信製品の概要

ScreenGateIPStreamingOvertheLAN.jpg

 


ScreenGateIPStreamingOvertheWAN.jpg

 

【概要】

MDS(Minicom Digital Signage)社 ScreenGate IPストリーミング製品は、デジタルサイネージ等のアプリケーションにおいて、メディアプレーヤー(STB、PC、コントロ−ラー 等)から遠隔のディスプレイに対して、LAN/WANインフラを用いて同一コンテンツをデジタル信号としてIPマルチキャスト配信します。

 

複数のリモートディスプレイに対して同一コンテンツを同報表示する場合は、ディスプレイ一台ごとにメディアプレーヤーを設けるよりも、一台のメディアプレーヤーから複数のリモートディスプレイに対してビデオ・オーディオ等を配信する方が、管理の単純化・ローコスト化・システムレベルでの信頼性向上を図ることができます。

 

ちなみに従来のMDS社デジタルAV延長分配製品/アナログAV延長分配製品は、CATケーブルを使用するもののIP配信ではないため、LAN インフラを利用することができませんでした。ScreenGate IPストリーミング製品は、IP配信であるためLAN インフラを利用することができます。その他に、次のようなメリットがあります。


安価なCATケーブルを使用できるCAT単線ケーブル24AWG以上の太さという制約から解放)


距離の制約がない(WANでも使用可能)


◎ ディスプレイ追加が極めて容易(スプリッター追加の必要性が根本的にない)


◎ メディアプレーヤー追加、メディアプレーヤー切り替えが容易(マルチキャストアドレス指定だけで可能


ScreenGate IPストリーミング製品 と 従来のデジタルAV延長分配製品/アナログAV延長分配製品は、ユーザーアプリケーションにおける ニーズや使用環境に応じて、適材適所で選択・使用します(各製品の比較表は下へ↓)。

MDS(Minicom Digital Signage)社 IP配信機器と延長分配機器の特徴比較

 

【全般】

ScreenGateDSVDDSV3KComparison1.png 

 

【メディア特性】 

 ScreenGateDSVDDSV3KComparison2.png

 

▲このページのトップに戻る