VDS(ビデオ ディスプレイ システム)の特徴

 

 

VDS概要

【特徴】

 

● 高解像度ビデオ信号(1920x1080)を、1本のCAT5e/6/7 単線ストレートケーブル(STP/UTP)で、
   最長110m 離れた最大数百台のリモートディスプレイに対して、即時かつ同時に延長分配


● ケーブルは Solid Wire 24AWG(CAT5e単線ストレートケーブル24AWG)以上の太さを推奨
   ノイズが多い 環境ではSTP(シールドケーブル)を推奨


● 送信ユニットは トランスミッター 1ポートブロードキャスター 8ポート の二種類
   (ビデオ信号の1:1延長、1:N分配延長可能)

● 送信ユニット トランスミッター 1ポート は極めて小型軽量、かつ外部電源不要
   (送信側PC・プレーヤーよりUSB経由で電源供給)


● 中継ユニット ラインスプリッター 8ポート は二段までカスケード接続可能


● 受信ユニット リモートデュアルスクリーン は極めて小型軽量、かつ二つのVGA出力をサポート


● 受信ユニット リモートデュアルスクリーン は、 ブロードキャスター 8ポート または ラインスプリッター 
   8ポート 使用時、外部電源不要
   ( トランスミッター 1ポート と1:1延長接続時のみ リモートデュアルスクリーン 側に外部電源必要)


● 送信ユニット ブロードキャスター 8ポート 使用時、そのコントロールポートに 画面制御ユニット を接続し、
   ボタン切替えにより、リモートディスプレイに、送信側と同一画面表示またはブラックアウトに切替え可能


● 構成決め、設置、拡張、保守が容易


● 堅牢、2年間無償保証

 

【適用アプリケーションのイメージ】

 

◎ 空港、駅、証券取引所、レストランなどで、複数のディスプレイに対して、各種情報や広告ビデオを即時、
   同時に配信表示します。


◎ 教育訓練などの現場において、先生のPC画面を全生徒のモニターに表示したり、全生徒のモニターをブラックアウト
    して生徒の注意を先生に引き付けることができます。この操作は先生側からの画面制御ユニットのボタン操作で
    可能です。

 

VDS(ビデオ ディスプレイ システム) の仕様

 

【製品仕様】

 

 VDS製品

 

VDS仕様 

* 解像度によって延長可能距離は異なり、1920 x 1080 ビデオの場合は 約30m、1366 x 768 ビデオの場合は 約50m となります。

 

【製品型番】

VDS製品型番 

 (注1) VDSトランスミッター単独での販売は行っておりません。受信側でペアとして必要不可欠となるVDSリモート
         デュアルスクリーンおよびその電源アダプターと共に、0VS23077Aとして販売しています。


 (注2) VDS リモートデュアルスクリーンは単独での販売を行っています。 VDSリモートデュアルスクリーンを複数
         使用する時は、必ずVDSラインスプリッター8ポート またはVDSブロードキャスター8ポートと共に使用するので、
         0VS23022に電源アダプターは不要であり付属しておりません。

 

  *カタログダウンロードは下記リンクより

 

▲このページのトップに戻る