ONELAN社NTBとは

 

ONELAN社NTB(ネットトップボックス)は Webアプライアンス型デジタルサイネージメディアプレーヤーで、二つの使用形態があります。

 

一つは スタンドアローンモード(SA)

もう一つは コンテンツ・スケジュールを発行する パブリッシャー(P) と、コンテンツ・スケジュールを再生する サブスクライバー(S) に役割分担して使用する形態です。

 

いづれの場合も、コンテンツ作成やスケジューリングなど一切の設定・運用は、普段ご使用されているパソコンの Webブラウザーから行います。

 

つまり、ONELAN社NTBはハードウェアのみならず一切の設定・運用に必要なソフトウェアをあわせて Webアプライアンスとして提供されており、価格もそれらハード・ソフトを包含したものになっています。 

 

 Webアプライアンス型デジタルサイネージメディアプレーヤー

 

ONELAN社NTBの特徴

 

◎ ハード・ソフト一体の Webアプライアンス型デジタルサイネージメディアプレーヤー
  

◎ アプライアンスなので、設置時ソフトウェアのハードウェアへのインストール不要
 

ソフトウェアの年間保守・アップグレード永久無償(長期使用におけるTCO軽減)

 

◎ ハードウェア電源瞬断可能(電源シャットダウンプロセス不要)、電源再投入時は自動起動してコンテンツ再生自動再開(電源オフ・オンのオペレーション簡素化可能)
 

テンプレート、サンプルコンテンツ無償供与(コンテンツ作成効率化)

12カ国語対応(日本語、英語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、フランス語、ポルトガル語、中国語、韓国語、
アラビア語、タイ語、ロシア語)

ネットワーク、セキュリティ関連機能内蔵(FTP、HTTPS、ファイアウォール、LDAP、VPN など)

コンテンツ作成、スケジューリング、メディア再生など

     

標準ブラウザー(IE, Firefox, Safariなど)によるコンテンツ作成・管理とスケジューリング

マルチゾーン・マルチメディアのコンテンツレイアウト
(一つのレイアウト内ゾーン数は原則制限なし *CPU負荷による制約を除く)

ランデブーポイント、ゾーン間同期などのレイアウト内外同期機能

グルーピングおよび時間帯限定コンテンツ再生

アドホック(限定された使用者に対する限定されたコンテンツ・スケジュール変更)の柔軟な設定・運用

◎ タッチパネル操作(USB経由)  注)ソフトウェアオプション

◎ 3G USB モデム使用、RS232による外部デバイスとの連携可能


◎ メディア再生の柔軟性(オートスケーリング、クロップ、ズーム、トランスペアレンシ など)

◎ リアルタイム系メディアの表示(HTML5、HTML、RSSフィード、SWF など)

各種ステータス情報取得個別メディアの再生負荷、コンテンツ再生履歴、コンテンツサムネイル表示、
ハードウェアヘルスチェック、個別詳細ログファイルなど)

 

◎ パブリッシャー[P]/サブスクライバー[S]として構成時、マルチチャンネルオペレーション可能
 

 

 

パブリッシャー[P] サブスクライバー[S] 構成によるグルーピングコンテンツ再生

 

 グルーピング再生
  

モデルごとの違い

 

ONELAN社NTBの各モデルはソフトウェアの観点からは基本的に同じであり、ハードウェアの能力差と仕様の違いによってモデルが分かれているとお考え下さい。 またモデルを混在してシステム構成することも可能です(一般的にはパブリッシャー側にハイエンドモデルを使用します)。

 

【ミレニアムシリーズ】

 

MillenniumProductNumber.png

 

 

NTB-6107/6100/6007/6000

NTB-5500/5505

NTB-6600/6500

 

* ELO-NTB-5630 (タッチパネル・システムズ インタラクティブ・デジタルサイネージ組込みモジュール) 

 

 

【センチュリーシリーズ】

 

CenturyProductNumber.png

 

NTB-647/645/640

NTB-630-M/650-M

NTB-647-M

NTB-655/650
 

 

 

【補足】 下記青色リンクはONELAN社英文サイトの資料です。

         ONELAN社サイトのモデル別比較表

         ONELAN社サイトのメディア再生ガイドライン表

 

 上記一部資料の解像度分類では 1280x720までをSD、1360x768以上をHDと定義しているため、センチュリーシリーズはHD非対応という表記(動画再生に関して。画面解像度ではありません。)になっていますが、720P動画再生は可能です(つまりNTBの全モデルで最低720P以上の動画再生は可能)。 

 

 マイクロソフトパワーポイントの .pptx ファイルは今後直接的にはサポートいたしません。.pptx スライドショーは、パワーポイント2010においてウィンドウズメディアのファイルフォーマットでセーブしてNTB上で再生した方が合理的との考えからです。

 

 

▲このページのトップに戻る