MDS社デジタルAV延長分配機器の概要

MDS(Minicom Digital Signage)社 デジタルAV延長分配機器は、デジタルサイネージ等のアプリケーションにおいて、メディアプレーヤー(STB、PC、コントロ−ラー 等)から遠隔のディスプレイに対して、CATケーブルを用いて、同一コンテンツをデジタル信号のまま劣化なく、即時延長、同時分配するために使用します。

 

複数のリモートディスプレイに対して同一コンテンツを一括同報表示する場合は、ディスプレイ一台ごとにメディアプレーヤーを設けるよりも、一台のメディアプレーヤーから複数のリモートディスプレイに対してビデオ・オーディオ等信号を延長分配する方が、

 

  • ディスプレイへの即時表示
  • 複数ディスプレイへの同タイミング表示
  • 管理の単純化とローコスト化


を実現することができるので、メリットがあります。

使用するCATケーブルについて

MDS社デジタルAV延長分配機器(CATケーブルタイプ)で用いるCATケーブルは、“もの”としては通常のCATケーブルですが、内部の信号伝送方式が独自のものとなるため、通常LANのIPネットワークと共存して使用することはできません(LANスイッチ、ルーター等との接続はできません)。

 

* しかしながら、当該CATケーブル内で、送信側、受信側同一セグメントのIP トンネリングを形成することができます。

 

単線ストレートケーブル(24AWG以上の太さ)の使用が必須であり、可能であればシールドケーブルの使用を推奨いたします。 

 

単線ケーブルとより線ケーブルの違いはこちらへ

MDS社デジタルAV延長分配機器(CATケーブル使用)製品ラインアップ

MDS社デジタルAV延長分配機器(CATケーブル使用)の製品ラインアップは以下の通りです。  

 

DS Vision Digital
HDMI 1.3a準拠のデジタルビデオ(1080P60非圧縮)及びデジタルオーディオ、フルRS-232、IP トンネリング信号(100Mbps)を、1本のCAT5e/6/7単線ストレートケーブルで、最長600m、最大数百台のリモートディスプレイに対して、即時かつ同時に延長分配。

 

  • ミドルウェアSMG(ScreenGate Management Gateway:リリース予定)を用いて、その配下で、メディアプレーヤー、DS Vision Digital 製品、リモートディスプレイを統合管理・監視しながら、SMGはWeb Service API(SOAP 1.2)経由で ユーザーの上位システム(NMS/CMS/課金システム等)とつながり、ユーザーは当該上位システムからオペレーションを行うことが可能

 

  • POP(Proof Of Performance:コンテンツ送達確認 ⇒ コンテンツが所定のリモートディスプレイにおいて確かに表示されたかどうかをフィードバックするしくみ) 可能。

 

MDS社デジタルAV延長分配機器詳細は下記リンクより

 

DSVD概要

 

 

▲このページのトップに戻る