モデルごとの違い

 

ONELAN社NTBの各モデルはソフトウェアの観点からは基本的に同じであり、ハードウェアの能力差と仕様の違いによってモデルが分かれているとお考え下さい。 またモデルを混在してシステム構成することも可能です(一般的にはパブリッシャー側にハイエンドモデルを使用します)。

 

【ミレニアムシリーズ】

 

MillenniumProductNumber.png

 

 

NTB-6107/6100/6007/6000

NTB-5500/5505

NTB-6600/6500

 

* ELO-NTB-5630 (タッチパネル・システムズ インタラクティブ・デジタルサイネージ組込みモジュール) 

 

 

【センチュリーシリーズ】

 

CenturyProductNumber.png

 

NTB-647/645/640

NTB-630-M/650-M

NTB-647-M

NTB-655/650
 

 

 

【補足】 下記青色リンクはONELAN社英文サイトの資料です。

         ONELAN社サイトのモデル別比較表

         ONELAN社サイトのメディア再生ガイドライン表

 

 上記一部資料の解像度分類では 1280x720までをSD、1360x768以上をHDと定義しているため、センチュリーシリーズはHD非対応という表記(動画再生に関して。画面解像度ではありません。)になっていますが、720P動画再生は可能です(つまりNTBの全モデルで最低720P以上の動画再生は可能)。 

 

 マイクロソフトパワーポイントの .pptx ファイルは今後直接的にはサポートいたしません。.pptx スライドショーは、パワーポイント2010においてウィンドウズメディアのファイルフォーマットでセーブしてNTB上で再生した方が合理的との考えからです。

 

 

▲このページのトップに戻る